あの「たけしの挑戦状」が復活 攻略本なしでクリア不可能な「伝説のクソゲー」

あの「伝説のクソゲー(クソゲーム)」、『たけしの挑戦状』が復活することが分かった。何と、スマートフォンアプリで再登場するという。

『たけしの挑戦状』とは?

『たけしの挑戦状』は、その名前からも分かるように「ビートたけし(北野武)」が監修したゲーム。

当時は、ファミコン全盛期で、様々な実験的ソフトが発表されたが、『たけしの挑戦状』は「実験的性格」の部分では群を抜くほどの奇抜さであった。

攻略本無くしてはクリア不可能(攻略本があってもかなり難しい)といった内容で、理不尽なゲームが多かった当時としても際立つ存在だった。

たけしの挑戦状虎の巻―たけし直伝 (〔1〕)

おそらく、現在の40代の男性でゲーム経験のある人で知らない者はいないのではないか、といえるほど有名なクソゲーだ。

『たけしの挑戦状』の発売予定時期は?

『たけしの挑戦状』は、「TAITO CLASSICS」シリーズの第2弾として2017年夏ごろに遊べるようになるという。

なお、同シリーズの第1弾である「タイムギャル」はすでに配信中。今後の配信予定タイトルには、「レイフォース」、「レイストーム」、「レイクライシス」がある。

そんなゲーム、あったっけ?