日本ハムの大谷翔平、右足首を痛めていたが今度は左太もも肉離れ 離脱は4週間|詳解野球ニュース

2017年4月8日、京セラドーム大阪で行われた日本ハム対オリックスの試合で、日本ハムの大谷翔平が左太もも裏を痛めて途中交代した。

経緯

大谷翔平は、「3番指名打者」で先発出場。

1回にサードゴロに倒れた際に、違和感を訴えたという。アイシングを受けるなどの処置を施したものの、4回の第2打席で代打を送られた。

以前から右足首を痛めていたため、一塁ベースを踏む際には左足で踏むように栗山監督に注意されていたものの、この試合でサードゴロに倒れたときも右足で一塁ベースを踏んでしまっていた。

右足首の怪我の具合が心配されたが、今回は左足の太もも裏の方を痛めていた。

かねてから「球界の宝」と呼ぶ大谷のケガに、栗山監督の心労も計り知れない。

診断結果

精密検査の結果、大谷の怪我は「左大腿二頭筋肉離れ」と診断されたという。

試合復帰まで4週間を要するとのこと。

今年も開幕から活躍が期待されていただけに、開幕直後の離脱は、チームにとってもファンにとってもかなり痛い。