マスクを被って罰金600万円 香川の同僚がはしゃぎ過ぎた

ドイツサッカーリーグのブンデスリーガで、選手のパフォーマンスに600万円の罰金が科された。

罰金が科されたのは、香川真司も所属するドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤン。

4月1日に行われたシャルケ戦で、香川からのアシストを受けゴールを決めたオーバメヤンが、ゴールパフォーマンスでマスクを被ったのである。

なぜマスクを被ったのがダメなのか

オーバメヤンは、これまでもパフォーマンスで「バットマン&ロビン」のマスクを被ってイエローカードを受けるなどの前歴がある。

ただ、今回のパフォーマンスには所属クラブのドルトムントが黙っていなかった。

なんと、オーバメヤンが被ったマスクは、彼個人のスポンサーである「ナイキ」のプロモーションだったのだ。

ナイキがクラブのスポンサーと競合するため、クラブとしても見過ごすわけにはいかなかったというわけだ。ドルトムントのユニフォームには、「PUMA(プーマ)」のロゴがしっかりとプリントされている。

ゴールで興奮していたとはいえ、個人のスポンサーのマスクを被るという「用意」もしていたことから計画的であったともいえる。

社会的メッセージというよりも、自分自身のスポンサーのためのパフォーマンスということもあり、なんとなくお金に汚いパフォーマンスだと感じた。